墨作品の鑑賞に必要な解像度

学生の頃、切削加工や塗装など、加工物の表面仕上げの品質を、鑑賞に耐えうる距離を使い、「○センチ仕上げ」「○メートル仕上げ」、などと冗談で表現していた のですが、それを借りれば「1メートル仕上げ」といったところです。不必要な高解像度は機器に負荷をかけメディアを消費します。経験的には、掛軸なら 360dpi、目の前で鑑賞する小品の額装でも720dpiもあれば十分と感じています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 × 2 =