ベクトルの素材集

和柄のベクトルデータ素材集は、以前は数点で数十万円からと、高価なプロ用の素材集しかありませんでしたが、ここ数年、一般の書店で手に入る物が豊富になってきており、当店でもお世話になっております。

ベクトルデータは原理上、拡大をしてもぎざぎざになることがなく、大きな作品を構成する際の素材としては非常に使い勝手のよいものですが、そのデータを作ろうとすると、スキャナで取り込んでワンタッチ、というわけには行かず、かなりの技術や経験が必要になります。
一枚目の写真は京都の着物柄作家、成願義夫先生の素材集です。

hanagoyomi表装裂には、あまりカラフルなものはありませんので、このような柄を使って掛軸を制作しても面白いかと思います。モノトーンで繰り返しのパターンを使う方法も考えられますし、その柄を、グラデーションで柄が消失するように見せることも可能です。また、大きな柄をひとつを大胆に配するデザインなどはいかがでしょう。

こちらは、以前よりコツコツ集めた伝統文様 などの素材集で、廃刊になっているものもあります。この中には、麻の葉、紗綾形、青海波など、よく使われる繰り返しパターンの文様も豊富にあります。デザインのベースパターンとして、また、継ぎ紙風デザインのパーツのデザインの文様として、ご活用いただけるかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

five × 4 =