看板の補修をしました

以前制作したプレハブの看板ですが、屋号部分がくたびれてきたので作り直しました。

文字の部分が「抜き」になっているデザインなのですが、背景が部分的に剥がれ、たるんでしまっています。使用したシートは、この手のシートの代名詞となっている中川ケミカルの「カッティングシート」ですので、品質が悪いわけではありません。プレハブ外壁のデコボコに対し、コシの強いこのシートでは、素材の選択が適切でなかったようです。

今回は、同じデザインを一旦アクリルに貼り付けました。

それを屋外用の両面テープで施工します。

古い屋号部分を剥がす前に位置決め。

マーキングをガイドにして貼り付け。

位置決めのマスキングテープを剥がして完成。

アクリルと両面テープの厚みで、約3mmほど壁面より浮いており、立体感が加わり、また、貼り付け面が平滑ですので、以前より上等な感じに仕上がりました。ただ、浮いていることにより影ができますので、その分、若干ですが、文字部分が細くみえてしまっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

two × one =